帰国しました「ホズベリー」情報

ただいまーー 見て来ました「ホズベリー」 作動は想像と違い とっても軽く動きました。

ロスのローカルなガンショーにも行き 分解方法が出ている本が有ったので買ってきました。

今年は何回か渡米して採寸・製図をして来ます。

動画も簡単に撮って来ましたので 夜か明日ブログで紹介いたします。

本日は山ほど来ているメール・ご注文のお返事や送品伝票書きをしています。発送は明日になってしまうことを お許しください。

 

[1つ前に戻る]
記事を共有するShare on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone

帰国しました「ホズベリー」情報」への23件のフィードバック

  1. インディ のコメント:

    社長さん、お帰りなさい!動画が楽しみですが、こういう本が有るんですね
    さすがアメリカって感じです。この銃のモデル化は先の事と思いますが楽しみにしています。(╹◡╹)

  2. ディー・スナイダー のコメント:

    「フォスベリー」ではなく「ホズベリー」なのですか。

    昔は「リーガン」と云って居た人が「レーガン大統領」に変わった様な。

    いずれは「御本」の様に分解出来る「ホズベリー」がMULEから発売される事を期待!

    土産話や写真集も大期待致し居ります。

  3. ヒコクン のコメント:

    「ホズベリー」のダミーカート仕様を楽しみにしています。
    今夜、バレルを持ってガチャガチャ、ポンプアクションのように動かしているところを夢に見ると思います。

    • MULE MULE のコメント:

      バレルを持たずにBLK出来れば最高なんですがねー

      • 1873 のコメント:

        口で説明するのは解りにくいですが例えばバレル付け根辺りからフレームに固定されたインナーバレルみたいなのを仕組んでそこへシリンダー方向へ飛び出した形の前撃針を取り付けておいたらどうでしょう。。。
        セミオートのチャンバー内の構造をここに構築して発火させるみたいなイメージです。
        オリジナルの構造とは異なりますが、強度が確保できれば動きそうな気がしませんか?ちょっとした思いつきですが。。。。(笑)

  4. ヒコクン のコメント:

    何か端っこにトリガーガードが写っています?

    • MULE MULE のコメント:

      あー これは「スーパーブラックホーク」です。

      • ヒコクン のコメント:

        WAの真鍮と亜鉛のものは持っていますが、前から煙の抜ける完璧なやつがほしいです。

        • MULE MULE のコメント:

          スーパーブラックホークのハンマーの軸とか テーパーピンで 実銃みたいに鉄製ならガンガン叩いていけますが HW材では叩いて入れたら割れてしまうし 単純な問題だけど 面倒な問題箇所が有ります。
          ASSみたいなスクリューならいいんですが・・・

        • トシヒサ のコメント:

          私も欲しいですね。
          タナカのSAA2ndのようなサブフレーム仕様で
          如何でしょうか?

  5. GADGET のコメント:

    お帰りなさい。
    なんか、フォスベリー以外にもいろんなアンティークガンの分解方法が載っていそうですね。
    いいなぁ、メカ好きには、何時間でも読みふけることができそうです。
    図版と解説を見ながら頭の中でシミュレーションして。
    で、本もそうですが、何よりフォスベリーが楽しみです。
    何時も、商品化して欲しいモデルガンの筆頭に掲げてきましたので。

    • MULE MULE のコメント:

      ホズベリーはリボルバーでは1番造りたかった銃なんで 今回やっと入手できたので 造りましょう。
      今年は何回かロスに行き 採寸して設計して 型は来年から掘って 形が見えるのは来夏かなぁ〜?
      今型を掘っている銃も有るし・・😁

      • ヒコクン のコメント:

        秘密解除はいつごろでしょうか?
        私もいい年なので血圧の薬を飲んでいます。ワクワクはあまり体に良くないので、こういうコメントは勘弁してください。

  6. GADGET のコメント:

    危うく見落とすところでした。
    フォスベリーの左上に見えている角トリガーガードの銃は?
    トリガーがかなり前進しているからコッキングポジションだとは思いますが、何だらふ?

  7. 1873 のコメント:

    お帰りなさい。
    かなりマニアックな銃ですね~!ブローバックモデルをお願いします。(笑)

    • MULE MULE のコメント:

      BLK出来たら 特許物でしょう

  8. ひろきち のコメント:

    すごい!ワクワクしますね~~~!

    • MULE MULE のコメント:

      こういう銃に「わくわく」って言って下さると マジうれしいです(^^)
      たいてい「馬鹿じゃない」とか その手の罵声を浴びるんですがね〜

  9. ディー・スナイダー のコメント:

    発火と別に「ブローバック」の部分は「タニオアクション」みたいなものに頼るとかかなぁ。

    部品の「材質」の選定も厄介ですよね。

    銃身の後座は「手動」でも再現しないと「エンフィールド風味」の普通のリヴォルバーだし。

    実に難しい拳銃ですねぇ。

  10. Schutze600 のコメント:

    フォスベリーは、個人的に最もモデルガン化を望み、且つ、最も実現不可能だろうと思っていたので、実現の可能性が出てきたことは、嬉しい限りです。

    あと、他にモデルガン化希望のクラシックガンとして、
    ウェブリーM1905、モーゼルM1914(M1934)、ベビー南部、ラドム等なんとかお願いできれば・・・
    M1905とM1914は、中田文鎮等で結構なじみ深いアイテムですし、結構、売れるのではないかと・・・

  11. tomtom のコメント:

    お帰りなさい〜!(╹◡╹)
    ホズベリー……面白い銃ですね〜 (*^o^*)
    リボルバーとオートマチックの融合体ってとこかな?
    製品化される事を首を長くしていますね〜 (#^.^#)
    で、ホズベリーだけじゃないでしょう……!
    何か他にも隠し玉があるのでは?……(¬_¬)

    • MULE MULE のコメント:

      それでなくても作業がたまりまくっているので まずは そこからで 隠しだまは無いということで・・・

  12. GADGET のコメント:

    思い切って2タイプ作りませんか?
    メカ重視のダミーカート仕様と、作動重視のハイブリッド仕様。
    グリップフレームの中にガスタンクを設けて、あるいはペガサスシステムの応用でシリンダー内のガスタンクでブローバックさせるのは安直かな。
    トリプルキャップの燃焼ガスをフレーム内のガスシリンダーに導いてブローバックさせるとか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です